あなたは、シャンプーをするとハゲるって聞いたことありませんか?

シャンプーでハゲる?

結論を言うと、正しいシャンプーをしないとハゲる場合があります。

どうしてシャンプーでハゲるんでしょうか?

シャンプーでハゲる理由

シャンプーでハゲる理由は、皮脂の落としすぎにあります。
皮脂をシャンプーで落としすぎると、頭皮や髪の「バリア機能」を失ってしまい、頭皮環境に重大なダメージを与えてしまうので、薄毛を促進させてしまうんです。

それを裏付けるように、次のような事例もあります。

自著「シャンプーをやめると、髪が増える抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった!」(角川書店)の中で、自身の「ノー・プー」生活を踏まえてこう述べている。
「シャンプーもリンスもやめて水だけで洗髪を続けて7年、髪が太くなり本数も増えた」

また、タモリや福山雅治といった大物タレントも皮脂を落としすぎないように、湯シャンだけの生活を送っていることを明かしています。

ただし、湯シャンだけだとワックスなどの整髪料は取れないのと、慣れるまでに抵抗があるので実践できる人はなかなかいないと思います。

そこで、ハゲるシャンプーの特徴を知って、ハゲないようなシャンプーをチョイスできるようにしましょう。

ハゲるシャンプーの特徴

特徴①洗浄力が強い

まず、洗浄力が高すぎるシャンプーはNGです。

洗浄力の高さを謳っている商品や、洗ってみて、髪がキシキシするようなものは総じて洗浄力が高いので、必要な皮脂まで落としています。

そんなシャンプーを使っている心当たりはありませんか?

特徴②成分がハゲる

シャンプーを買う前に、成分を確認しましょう。

次の成分が入っていたら、やめておいた方が良いです。

・ラウレス硫酸NA
・ラウリル硫酸NA

このラウレス硫酸NA、ラウリル硫酸NAは洗浄力がかなり強力です。
頭皮の皮脂をほとんど落としてしまいます。

薬局などで販売している有名なシャンプーにはこの成分が入っています。
なぜなら、洗浄力の高いシャンプーは万人受けするからです。

皮脂が落ちると、気持ちいいという感覚になるため、一時的にはとても頭皮が清潔になった気分になります。

しかし、実際は薄毛の原因を作っているとは、ちょっと怖いですね。

まとめ

頭皮の皮脂を全て落とすほどの洗浄力の高いシャンプーは避けた方が良いです。

シャンプーを買うときはラウレス硫酸NA、ラウリル硫酸NAが入っていないシャンプーを選ぶようにしましょう。