発毛剤ってよく聞くけど、育毛剤と何が違うの?と疑問に感じる人は多いのではないでしょうか?
ここでは、発毛剤と育毛剤の違いを詳しく、解説します。

また、発毛剤の真実についてもご紹介していきます。

発毛剤と育毛剤の違い

発毛剤と育毛剤の違いはまずざっくり言うと、次のような違いがあります。

発毛剤・・・新しく髪を生やす効果がある
育毛剤・・・今ある髪を強くしてくれる効果がある

つまり、育毛剤については新しく髪を0から生やす効果はあまり期待できません。

では、ざっくりと違いがわかったところで、発毛剤と育毛剤の違いについて、もっと詳しく「安全性」「おすすめの人」という観点で見ていきましょう。

安全性の違い

安全性についてはそれぞれ次のように違います。

発毛剤・・・副作用あり
育毛剤・・・副作用はほぼなし

発毛剤は人体に作用が大きい「医薬品」の区分になっています。
また、育毛剤は人体に作用が少ない「医薬部外品」という括りで販売されています。

「医薬品」と「医薬部外品」はどちらも厚生労働省に効果が認められた商品ですが、このように副作用のリスクに違いがあるんです。

つまり、発毛剤は人体への作用が大きい分、副作用のリスクも高く、育毛剤はそれほど人体に作用がない分、副作用のリスクが低いということになります。

ちなみに、フィンジアなどのキャピキシルを使ったものは、医薬部外品でもないため、副作用のリスクはさらに低いです。

それぞれおすすめの人

髪が新しく生えるなら、発毛剤の方が良いじゃん!と思うかもしれませんが、それは間違いです。

というのも、それぞれ合う合わないがあるからです。

発毛剤が合う人は、薄毛の進行が進んでしまって、頭皮が明らかに見えてしまっている人です。

逆に、育毛剤が合う人はそこまで薄毛が進んでおらず、既存の髪を太く強くすれば大丈夫という状態の人です。

なので、一概に発毛剤が良いとは言えないので注意するようにしましょう。

発毛剤の真実

実は、発毛剤には、「発毛剤の真実」とも言える、致命的な弱点があります。

 

それは、「発毛剤は根本的な解決にはならない」ということです。

 

発毛剤の髪が発毛する仕組みは、血行促進によって髪を生やすという流れです。

しかし、極端に進行している男性の薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)ということがほとんどです。

これは、男性ホルモンを抑えることでしか、解決することができません。

 

つまり、発毛剤で血行を促進して髪を生やしたとしても、男性ホルモンは抑えられていないので、ハゲは進行し続けるということになります。

 

この盲点は意外に知られていません。

AGAを根本解決する方法

AGAを根本解決する方法に自毛植毛があります。

自毛植毛というのは、自分の髪が生えている後頭部の毛根を、ハゲが進行している部分に植えるという方法です。

この方法は、ほぼ確実に髪の毛が生えてくる医療行為です。

髪が生えている部分を植えても、男性ホルモンが抑制されていなければ根本解決にはならないのでは?と思うかもしれませんが、その心配は不要です。

なぜなら、AGAの影響を受けにくい後頭部の毛根を持ってくるため、植毛したあともその部分はAGAの影響は後頭部同様に受けにくいからです。

自毛植毛を検討するのであれば、まず日本で自毛植毛シェアナンバーワン(60%以上)のアイランドタワークリニックで話を聞くことをおすすめします。

さらに詳しくデメリットなどを知りたい場合は、次のサイトをご覧ください。
→アイランドタワークリニックの失敗の口コミ!【高いのがデメリット?】